アパレル販売職の採用業務を通して見えるあれやこれやについて書いてます。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜アパレル採用担当の窓口から〜

アパレル販売職の採用業務を通して見えるあれやこれや

『遊ぶ金欲しさ』というパンチライン

このところ、企業の人手不足・人材不足に関するニュースがよく上がってきますね。

それに対しての「低賃金で働ける奴隷が欲しいだけだろ」というネット内発言もよく見ます。

経団連のおじさまたちはGDPのために外国人労働者を欲し、ネットの人たちはSNSの中心で賃金上昇を叫ぶ。

一方自分は人口に対する適正な経済規模や適正な人件費率、分配等々について考えてみようとするものの、基本的なことは何も知らないということに思い至るのでありました…

勉強しよ。

 

ところで、「働く理由は『遊ぶ金欲しさ』」というのが一時期コピペネタで出回ってましたが、最近になってそれのガチツイットを見かけたのでちょっと怖いな、と感じた次第です。

 

なぜ人は働くのか、という命題に対して『遊ぶ金欲しさ』というのはけっして間違ってはいないと思います。

ですが、遊ぶ金が欲しいということを第一義にしてしまうと、勤労という利他行為とのギャップがすさまじくなると思うのです。

バランスが取れれば良いのですが、全ての行動の理由を自己中心的なものにしてしまうと与えられたタスクをないがしろにしてしまいやしませんか?

 

なぜ

(自分が住むわけでもない家を建てなければいけないのか)

(自分が買えもしない高額商品に使われる小さなネジを作らなければいけないのか)

(自分が食べるわけでもない料理を作らなければいけないのか)

 

こういう考え方でミスが多い仕事の仕方をしている人という存在を見聞きしたこともあり、、

「遊ぶ金欲しさ」というパンチラインに対して慎重な態度を取ってしまうわたくしです。

時とシチュエーションによっては、家に給料を入れずに遊び歩くお父ちゃん、みたいなこともあるでしょう。

「ちょっとアンタ、タカシの給食費が」「うるせぇ!これは俺が稼いだ金だ!文句言うな!」(ひどい妄想)

給料日に、やったー!これで遊べるぞー!遊んだぞー!また遊ぶ金欲しさに頑張って働くぞー!というのはなかなか想像しにくいものです。

 

…なに、「遊ぶ金欲しさ」はそのままの意味じゃないって?

わかっとるわかっとる。

 

自分の中では勤労に対して「働いて得た給料(糧)で自分の人生を生きる」という解を持っています。

そして「自分の人生を生きる」という行為は利己的であり、かつ利他的なものだと思います。

例えば趣味は、経済効果を生みます。人とのつながりを作ります。生きることで他の誰かに影響を及ぼします。

つまるところ、望むと望まざるにかかわらず、生きることも働くことも、とても社会的な行為だと思っています。

 

だから「遊ぶ金欲しさ」というチンピラ由来の文言に対して慎重になってしまうのです。

 

最近、知識量や地域、年代によってたった一つの言葉の意味や重みがこんなにも違うのか、ということを経験したので、もしかしたら慎重になるくらいでちょうど良いのかもしれません。

はい、新卒が早々に辞めました。すみません。

アパレル販売職が人の役に立つこととは

雪山の事故で犠牲になったお母様のインタビューで、息子は誰かの役に立つ仕事がしたいと言っていた、とおっしゃっていました。

10代でそういう気持ちを持つことができた息子さんを育てたお母様はとても素敵な方なのでしょう。

事故に遭われた方々のご冥福をお祈りします。

 

その「誰かの役に立つ」という言葉から思いついたことと、そういえば前回のブログから結構間が空いたな…と思ったついでの、今回のブログです。

 

 

人の役に立つ仕事、アパレル販売職を長く続けている方はそういう実感を持つことが多々あったかと思います。かくいう自分もそうです。

店頭で、お客様のご要望にただ応えるのではなく、そのご要望を掘り下げてより良い買物体験をしていただく。

例えば、旅行に行く際の服を新調したい。

ではその旅行先はどこなのか、どういう気候なのか、どういうプランでどのようなシーンがあるのか、移動手段は何なのか、誰と行くのか…

掘り下げれば掘り下げるほど、そのお客様にとってより良いものを選ぶためのヒントが生まれます。(あまり考えすぎもはいけないけど)

自分の場合はよく写真に写る時のことを考えて色のチョイスをしましたね。

思い出に残すものが素敵なものになるように、お客様のご旅行が素敵なものになりますように…。そう接客していたら、きっとそのお客様は旅行に行く前から楽しい。

 

消費スタイルがモノからコトへ、などと良く言われますが、モノもコトも、お客様の人生が豊かになるもの。その一端のお手伝いができる販売の仕事はとても素敵なものだと思います。

 

また、これはそういう楽しいことではなく、大きな震災があった時のこと。

被災地の知り合いに物資として肌着を送りたい、と言うお客様に、先方にお子様がいたら◯歳ならこのサイズ、皮膚が弱い方ならこの素材、と選んで差し上げる。被災地で余計なゴミが出ないように包装を最低限のものにする。お客様の不安な気持ちに少しでも寄り添う。

 

東日本大震災の時、恐怖でパニックになりそうなお客様の手をしばらくの間握ってそばにいたことがありました。

これは販売の仕事を超えた部分のことかもしれませんが、売り場にいるお客様を守るのも販売職の仕事だと思います。(そのための定期的な避難訓練だしね!)

 

アパレル販売職は命に関わるような重要な仕事ではないかもしれないけれど、十分誰かの役に立つはずです。

今は不調ですこーし面白味に欠ける業界ではありますが、誰かの役に立つ、という視点から仕事を捉え直してみても良いかもしれません。

 

 

 

 

アパレル販売職で新卒採用が増える理由

 

アパレル販売職は基本的には通年採用です。

それも多くはポテンシャル採用。

最初から一定の職務遂行能力を求められるのはハイブランドや高給の派遣くらいです。

門戸が広い職種なのです。

 

ところが近年、アパレル業界では高校新卒採用に取り組んでいる企業が増えています。

もともとプロパー採用として専・短・4大新卒採用を行ってはいるのですが、販売分野のあまりの人材不足感に高校新卒者からの採用も視野に入れるようになりました。

通年採用では人材不足を埋められなくなっているのです。

また、高校新卒者という、あまり多くの価値観に晒されていない層に研修等で教育を施す方が、企業にとって効率が良いという側面もあります。

 

toyokeizai.net

こちらの記事のコメント欄も含め、新卒一括採用に対して「海外ではそんなもんねえよ」みたいな意見が散見されますが、だから何?ってくらい現場の空気はピリピリしてます。

我々の業界以外でも人材不足で危機感を持っているところはそうでしょう。

ですが、ウエメセで「ぼくがかんがえるせいろん」を吐いたところで何もならない。

既存のスタッフのことも考えて採用活動を行わないといけないのです。

 

ネームバリューのある企業が新卒一括採用をやめる理由は、大学新卒者の数がこれから減っていく、というのが一因です。

数が減り取り合いになるので、そこへの採用コストも吊り上がっていきます。

企業のブランド力を資本として通年採用に切り替える方がコストはかかりません。

いいよね、企業のブランド力!

 

アパレルメーカーは商品のブランド力を上げることに必死すぎたのかもしれません。

速やかに、働く場としてのブランド力を上げることにも尽力して欲しいなと思います。

プレミアムフライデーとアパレル販売職の関係

 

jp.reuters.com

 

単日昨年売上対比があがったとのことです。

売上が目減りする一方の百貨店業界、良かったね~

どの売場が活況だったかまでは現場にいないのでわかりませんが、昭和生まれのデパートファンとしては嬉しく思います。

 

なぜこのプレミアムフライデーを実施するのか、経済産業省のHPで確認しました。

 

個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、
(1) 充実感・満足感を実感できる生活スタイルの変革への機会になる
(2) 地域等のコミュニティ機能強化や一体感の醸成につながる
(3)(単なる安売りではなく)デフレ的傾向を変えていくきっかけとなる
といった効果につなげていく取組です。

 

プレミアムフライデー実施についてリリースされてから「午後3時退勤」が独り歩きして、シフト制労働者からはネガティブな感想が出てくることが多かった印象ですね、「俺ら帰れねーし」と。上記の実施方針がなかなか伝わっていないようです。

経済産業省の文言だとふわふわした印象なのでざっくり言い換えてみるとこんな感じでしょう。

(1)長時間労働問題へのガス抜き

(2)地域経済の活性化

(3)冷え込み続ける消費の拡大

 

ではプレミアムフライデーがアパレル販売職にどのような効果をもたらすか。

 

(1)長時間労働問題へのガス抜き→× ちっとも抜けねえ…

(2)地域経済の活性化→△ 週末と合わせた2.5連休で別のエリアに客が行ってまうで

(3)冷え込み続ける消費の拡大→△ もともと「OLタイム」と呼ばれる金曜の退勤後の売上が見込める時間帯があるんやで

 

2.5連休のお出かけニーズや、家でのんびりするライフシーンに合わせてうまく戦略を持っていければ伸びる要素があるでしょう。

ですが、実際に売場に立つ人間はあまり恩恵を感じないかと思います。

恩恵があるとしても、販売戦略がヒットした時の売上高のみでしょう。

なんなら、金曜午後は遊ぶんだ!みたいな風潮が生まれてバイトスタッフの出勤状況が悪くなる可能性すら感じます。

 

ここで提案なのですが、小売業もこまめに定休日を設けてみませんか?

商業施設それぞれに定休日を割り振り、「今日はあそこが休みならこっち行こう」となることで地域の商圏に対する消費者の意識が上がるでしょうし、

定休日があることで労働条件が担保されて販売職人気がこれ以上下がらないことが期待できます。

駄目かな~

ライフステージ問題

女性従業員が多い弊社は、スタッフが妊娠すると素直におめでとうと言えない職場です。

 アパレル販売職は立ち仕事だし力仕事だから、何かあったら大変、ということはもちろんあるのですが、上司達はみなこぞって「仕事頑張るって言ってたのに…」と嘆きモード。

 

戦力から外れること>>>>>>超えられない壁>>>>>>新しい命の誕生

 

あーあ、であります。

 

もちろん万年人手不足という現状で、一人でもスタッフが欠けたら大変なのは重々承知していますが、流動性の高い職場という認識があるのならそれに即したマネジメントをするべきじゃん?

The正論すぎて余裕のない現場に対する無茶ぶりなのもわかってるけどさー

 

まあ一番腹立たしいのはその上司の風潮に釘を刺すことができない自分ですけどね。

既婚でも未婚でも、スタッフのオメデタにはおめでとうとちゃんと言いたい。

 

世間では結婚・出産までの腰掛で仕事に就く人のことを、就業意識の低い人間だと見下す風潮もありましたね。

でも採用の仕事を通じて、若年フリーター層は東日本大震災を経て「来るべき何か」までの腰掛けで仕事を選んでる…?と感じるようになりました。

腰掛での就業が是になっているのでは?

いつ何が起きるかわからない、というのは諦めの感情ではなく事実なのだという実感が彼らにはある。

昭和生まれにはそこがどうにもわからない。皮膚感覚の違い。

 

そもそも、生まれがいつの時代であろうと、我々は病気や怪我でいつ仕事ができなくなるかわからないのです。予期できないのです。

100%の避妊はありません。インフルエンザワクチンだって接種していても型が違えば罹患するのです。車の追突事故だって通り魔だっていつ遭遇するかわかりません。

 

いつ誰かが離脱をせざるを得ない事態が起きても、助け合える会社でありたいものだなあと思うのでした。

或る店長

なぜ自分がアパレル販売職を志望したか。

特別好きなブランドがあったわけではないし、特別おしゃれだったわけでもない。

ただ服を着る行為は生活の中で必ず必要だったし、服装によって自分がアップデートできることが好き。

服を着る、というワンイシューだけで知らない人(お客様)とお話しができるのってすごいよな、というのが志望のきっかけだった。

 

アパレル2社目の大手での面接でそんなことを話して無事採用に至った。

しかしながら採用されたブランドは普段買いできるような価格帯でなかったため、最初のうちはこんな高いの売って大丈夫だろうか…などと貧乏人の自分は萎縮してしまい、そこの壁を超える必要があった。

今思うにその価格に見合う接客が出来ていなかっただけだろうが、その時は必死で、お客様と駆け引きをしてお買い上げいただくのだと考えた。

そして、そのことを当時の店長、Iさんに言ったのだ、「接客販売ってお客様との駆け引きっすよね~」と。

するとI店長は悲しそうな顔をした。

 

未熟さは当然としても、あまりにも卑屈な自分に対して言葉が見つからなかったのかもしれない。

ただ、自分はその顔を見て、これは正解じゃないんだ、と思った。

その壁を乗り越えるために、商品について、着用シーンについて、トレンドについて徹底的に学び直した。

お客様の体型を見ただけで最適サイズが分かるようになった頃、その壁が乗り越えられていたようだ。いつの間にか店で一番売上が取れるようになっていった。

 

その店にいたのは1年。売上高の高い店舗へ異動となりI店長は笑顔で送り出してくれた。

そしてまた別の店舗でサブになった時、代理で店長会に出席する機会があった。

久しぶりに会えたI店長に「やっとこういう場で会えるようになりましたね」と言ってもらい、とても嬉しかった。

 

I店長に会ったのはそれが最後。

病気で亡くなったのだ。

あの店長会の前にI店長は闘病のため少し休職することがあった。その時期にヘルプに行ったことがある。

復帰後の店長会で会い、また少しして容体が悪化し亡くなった。

彼女は沖縄出身で、同郷の旦那さんは彼女の死をきっかけに彼女の遺骨とともに沖縄へ帰ってしまったため連絡も取れず、墓参にも行けずじまいだ。

 

その後、自分が店長になった時、病気で休職した時、退職した時、別の会社で仕事をする時、何かにつけては彼女のことを思い出す。

特別に何か教わったわけではない。(実務面はほぼ当時のサブから教わっていたはずだ。)

ただとてもいいバランスで見守ってくれていたのだと思う。

彼女は仕事に没頭するわけではなく、出身地の故郷と、家庭をこよなく愛していたし、売上高がそこそこの下位店舗だったからこそ、のびのびと仕事ができていた。

その在り方が、とても心地よかったのだと今にして思う。もし仕事に過集中するような人間だったら違っていただろう。

 

気付いたら、I店長のような口調で下の子に教えている自分がいる。

I店長は今でも自分の理想の上司です。

採用難易度について

「採用コストは全体では下がっているけど採用難易度の高いところは逆に上がってるんだからな。もっと結果を出すことにこだわれ」

って言われて遺憾の意を表明したいわたしだよ。

全体のコストを下げるようにしているのは採用難易度の高いエリアの求人に課金するリソースを確保するためなんです。集中と選択ってやつっすよ。わかってよベイビー。

 

愚痴から入りました。ごめんなさい。

 

採用難易度は、人口が少ないエリアだけが単純に高いわけではありません。

首都圏エリアは面接実施率が下がるために難易度が上がる、ということもあります。

他にいくらでも仕事が選べる都会が故の結果ですね。

実に気楽に応募してくださいますよ!

 

よく、応募が来ない企業は魅力がないからしょうがない、とディスプレイの向こう側の方がdisられるのですが、そもそもそこまで企業研究しているやつ、いるんすか?

どの代理店もアルバイト探しの傾向について調査したデータを出していますが、それを見たことあるのかな。

ほどよい場所で、自由にシフトが組めて、そこそこの時給と仕事内容っていうのが安定したラインで、そこの価値判断はレイヤーが重なるほど多岐に渡るため決定的にこれと言った理由なんて出てこないと思うんですがね。

 

と、見えない敵と戦ってみる。

 

とりあえず郊外に出店するときは採用計画も見込んでからにしてください、とディベロッパー様にお伝えしたい所存。

働き手がいない、ということはお客様の数も減るということですし。

(その点リゾート地は本当に厄介で、住民が減っても外来者は多いので、居住労働者数減少により労働環境は悪化していきます。ああ恐ろしい。)