アパレル販売職の採用業務を通して見えるあれやこれやについて書いてます。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜アパレル採用担当の窓口から〜

アパレル販売職の採用業務を通して見えるあれやこれや

アパレル販売職で新卒採用が増える理由

アパレル販売職は基本的には通年採用です。 それも多くはポテンシャル採用。 最初から一定の職務遂行能力を求められるのはハイブランドや高給の派遣くらいです。 門戸が広い職種なのです。 ところが近年、アパレル業界では高校新卒採用に取り組んでいる企業…

或る店長

なぜ自分がアパレル販売職を志望したか。 特別好きなブランドがあったわけではないし、特別おしゃれだったわけでもない。 ただ服を着る行為は生活の中で必ず必要だったし、服装によって自分がアップデートできることが好き。 服を着る、というワンイシューだ…

採用難易度について

「採用コストは全体では下がっているけど採用難易度の高いところは逆に上がってるんだからな。もっと結果を出すことにこだわれ」 って言われて遺憾の意を表明したいわたしだよ。 全体のコストを下げるようにしているのは採用難易度の高いエリアの求人に課金…

アパレル販売職に応募して不採用になる人たち

実に不穏なタイトルですね…。 採用担当になって最初の頃は不採用通知を出すことに胸が痛んだものです。 だって人手不足な業界を志望してくださった方ですよ!ありがてえありがてえ…って思うじゃないですか。 中には何度も応募してくださる方もいます。 それ…

ユニクロ潜入の記事のためにだけ文春買ってる

今週は下請け工場についての内容でしたね。 bunshun.jp 店舗潜入編を読んでた自分の感想としては、 「そこで働くことが自分にとって不適切であれば逃げろ」ということでした。 そこの見極めが下手だよね、なんか。 大卒入社後1~2年で辞める子はそこの見極め…

アパレル販売の実態②~ノルマ、ノルマってなんだ~

よくアパレル販売職経験者の怨嗟として「ノルマ」という言葉が使われます。 Twitterで『アパレル ノルマ』で検索するとここにもあそこにもノルマやだマンが! ノルマ【norma】 ①個人や工場に割り当てられた、一定時間内・期間内になすべき生産責任量。第二次…

アパレル販売の実態①~「○○の実態」って書くとなんか怖いけどそんなことないよ~

自分は販売職を10年以上経験してます。 その中身のバリエーションは豊富で、商店街の小さな店、百貨店に入っているブランド、GMS(大規模小売店)内での衣料品売り場、ファストファッションと ここまで経験している人はなかなかいないのではないでしょうか。…