アパレル販売職の採用業務を通して見えるあれやこれやについて書いてます。
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜アパレル採用担当の窓口から〜

アパレル販売職の採用業務を通して見えるあれやこれや

人はアンセムだけでは生きてはいけない~アパレル販売職へのアンセムとは~

 

「販売職ほど、人を幸せにできる職業はない」人事コンサルタントが語る一流の接客販売 | Fashionsnap.com

 

この記事を読んで、接客販売職になりたい、と思う人が増えるとは思えませんでした。

 

書いてある内容は自分にも身に覚えがあることが多いですし、うなずける内容も多いのですが、仕事の価値は仕事内容のみにあらず、と思うのです。

適正賃金を得て、きちんと休みを取る、プライベートの生活をきちんと維持できて初めて仕事をすることに価値が生まれるのではないでしょうか。そこを抜きに人間力的な話のみをするのであれば(もしくはマスコミの記事にするのであれば)、現場の人間はすり減る一方です。

真面目(で不器用)な人ほど、「<人を幸せにする>理想の販売員像」を内面化しすぎてしまい、しんどい思いをする可能性すらある。

この仕事をしていて精神科や心療内科にかかるほど悩んでいる人を追い立てるようなことはしないでほしいのです。

 

多くの参加者にとって、自身の仕事との向き合い方を考える大きなきっかけとなるような、素晴らしいメッセージが詰まったセミナーでした。

 

本当にそうなのか?

まあ記事を書いた人は販売職の人ではないでしょうから仕方ないのかもしれませんが。

個人的にはライフワークバランスとの向き合い方をもっと考えて欲しいと思います、それこそ販売職から出世した人が率先して。

 

…いや、綺麗事ばかりの記事を疑ってしまう自分の悪い癖なんでしょう、こう思ってしまうのは。

 

そんな中良いニュースがありました。

 

ドコモショップの8割、2000店に「定休日」設定 (1/2) - ITmedia ビジネスオンライン

 

月1の定休日でも大きく前進したと思います。大変だもんね、携帯電話の販売店の仕事って。営業時間の短縮も素敵。

曜日によって柔軟に変えればいいんだそんなもん、と思いません?

ファッションビル等の商業施設も頑張ろうぜ!

 

ところで、自分が販売職で一番辛い時期のアンセムサンボマスターでした。ライブに行ってよくフロアの隅で泣いたものです…。

そんなサンボマスター、本日アルバム「YES」の発売日なのでした。先月の野音ライブ、楽しかったな~